お問い合わせ

「不動産鑑定士」は、土地や建物のプロフェッショナル
不動産についての悩みがあれば、気軽にご相談ください

不動産鑑定士とは?

「不動産の鑑定評価」って、ナニ? 〜なぜ、不動産の鑑定評価が必要なのか?〜

「不動産の鑑定評価」と聞いても、一般の方はピンと来ないかもしれません。
 しかし土地や建物などの不動産を所有されている方(もしくはこれから所有しようとしている方)には、とても身近で大切なことなのです。
 たとえば、今までこんなことに頭を悩ませたこと、ありませんか?

  • 遺産の相続時。親が所有していた不動産を、兄弟で公平に分けたいが、どう分割していいか分からない…
  • マンション購入を検討しているのだが、対象不動産が適正な価格か自分では判断できない…
  • 所有している更地を有効活用したいのだが、活用のアイデアが浮かばない…
  • 不動産の交換を持ちかけられたが、相手の不動産と自分の不動産の価値が本当に対等なのか分からない…

 不動産は私たちの生活になくてはならないものです。しかしその価値判断は、スーパーマーケットやデパートで購入できる一般の商品に比べて、とても分かりづらいもの。
 だからこそ「不動産の鑑定評価」が必要なのです。

 「不動産の鑑定評価」とは、
対象不動産がどこに位置しているか、商業地域なのか住宅地域なのか、面積は大きいのか小さいのか、道路との関係はどうなのか、建物はどのような構造なのか、などを調査判定して公正かつ中立的な立場で、対象不動産の適正な経済価値を、価格または賃料として査定することです。
 不動産の鑑定評価によって適正な不動産価値が分かれば、「遺産分割や相続」、「不動産の売買や交換」なども安心して行うことができるのです。

「不動産鑑定士」とは

不動産の鑑定評価を行う専門家
 そして、不動産の鑑定評価を実施できる唯一の国家資格が「不動産鑑定士」です。
 不動産鑑定士は依頼を受けた不動産に対して鑑定評価を行い、

  • 裁判所や税務署に提出するための「不動産鑑定評価書」の作成
  • 日々の生活やビジネスに役立てるためのレポートや提案書を作成

などの業務を行います。
 つまり、不動産鑑定士とは“不動産の価格および不動産の適正な利用についての専門家”であり、“不動産に関する総合コンサルタント”としての役割を果たします。
 社会や経済の移り変わりにともない、不動産を取り巻く環境もめまぐるしく変化しています。不動産鑑定士は、高度な専門知識と豊富な経験を有するプロフェッショナルとして、お客様と不動産のよりよい関係作りのためにさまざまなサービスを提供します。

 では、具体的にどのようなサービスを提供できるのでしょうか?
当社の主なサービス」をご参照ください!

不動産について、お悩みの方は気軽にご相談ください